あした空を見る

笑いと勇気を追求する、全突っ張りブログ。日々、面白ネタを探し回って絶賛奔走中。

カンボジア奮闘記 ~血の章~

f:id:ashida0108:20180110173420j:plain

 

ぼくはカンボジアへ出発する前に、

現地のいろんな方に連絡を取っていたのですが、

ある方から現地で働くニ人の日本人女性を紹介してもらえたのです。

 

 

お一方は現地でハーブの事業をされている方で、

もう一人は医療機関で働かれている方でした。

 

 

現地でお二人と夕食をご一緒させていただいたのですが、

翌日は彼女が働いている医療センターを見学させてもらえることになりました。

 

 

普通の観光とは違った経験をしたかったぼくは喜び、

翌朝、意気揚々と医療センターへ。 

 

 

カンボジアの医療現場を一通り見学させてもらうと、

 

「良かったら献血してかない??」

 

とのオファーを受けました。

 

 

け、献血??と正直ビビりました。

 

 

というのは、ぼくは

を見るのが大の苦手なんです。

 

 

大学の健康診断の時、

2ミリリットルの採血で倒れた経験があるほどです。

 

  

たった2ミリリットルの出血で貧血に陥るぼくの体は、

一体どれだけギリギリで回してるんだ、と

運び込まれた医務室で愕然とした記憶があるぼく。

 

 

そんなぼくには400ミリリットルの献血など

致死量に匹敵するのではないか?と懸念したのです。

 

 

ぼくはさらに献血する自分の姿を想像しました。

 

 

針を腕に刺してまず吐き気、

採血開始と同時に顔面蒼白、

やがて失神、絶命へ・・・

 

 

顔色の変化から絶命までのスピード感に先生も慌てるだろう。

 

 

鷲巣だって誤算なはず。

  

 

そんな妄想をしつつ、ふと辺りを見渡すと、

白人さんの観光客で献血をしている人たちがチラホラ。

 

 

話によると、欧米の方々は旅行がてらに献血をしていく人が結構いるとのこと。

 

 

そんな話を聞いたぼくは思いました。

 

 

日の丸を背負っているこのぼくが、

芦田うざえもんという武士の末裔であるこのぼくが、

ここで一肌脱がないわけにはいきません。

 

(ちなみにぼくのご先祖様は明智光秀にやられました。)

 

 

ぼくは気を確かに持ち、

力強く承諾するとラウンジに通されました。

 

 

その部屋には数人の若きカンボジア人医師とおぼしき人たちが。

 

 

 

ぼくは彼らにカタコトの英語で献血をする事を伝えると、

彼らはとっても嬉しそうでした。

 

 

彼らはとても親切で、なによりもその素直な笑顔がまぶしかった。

 

 

ぼくは彼らと素敵な友好関係を築くと、荷物を置いて採血室へ。

 

 

そこにはカンボジア人の女性医師がいて、

彼女がぼくの採血を担当してくれるようでした。

 

 

ぼくは英語で、さぁカンボジアとジャパンの友好のためぼくの血液をその証として使ってくださいと言えなかったため「プ、プリーズ」とだけ言って作業を進めてもらいました。

 

 

まず血圧の測定から。

測定機器は日本のものとほとんど変わらない。

 

 

腕に巻いた布の圧が高まっていく。

 

 

ぼくは、あぁ、このような形で貢献できるなんて、
カンボジアの親善大使に就任するのも時間の問題だなぁと思っていると、機械から

 

ピーッという音が。

 

 

と同時に先生が

「Oh, my ...」

 

 

ぼくは何事かと彼女の顔をのぞき込むと、彼女は言いました。

 

 

 

「Blood is low pressure...」

 

 

 

要するに、

 

血圧が低くて採血できない とのことでした。

 

 

ぼくは愕然とした。

このままではラウンジには戻れない。

 

 

あんなに喜んでくれた彼らに合わせる顔がないではないか。

 

 

ぼくはマジで考えた。

 

 

今すぐトイレへ行って、鬼スクワットしてからもう一回測定したらごまかせるだろうか・・・?

 

 

あるいは、息を止めながら測定しなおしたら??

 

 

バイアグラだ、今すぐバイアグラをガブ飲みしたい。

 

 

しかし先生に、残念ですが・・・と言われると、

ぼくはうなだれながら採血室を後にすることに・・・

 

 

ラウンジに戻ると

意外と早かったね、と言わんばかりに皆こっちを見ている。

 

 

当たり前だ、

1ミリも 献血してないのだから・・・

 

 

 

ぼくはこわばった表情でたたずんでいたが、

彼らをまっすぐ見据え、

重々しく口を開くとこう言った。

 

 

 

 

 

f:id:ashida0108:20180110174502p:plain

 

 

 

「マイ ブラッド イズ ロープレッシャー。」

 

 

場の空気が凍る。 

 

 

今までこんな情けない事情説明をしたことがあっただろうか。

 

 

マイ ブラッド イズ ロープレッシャー

 

 

ディス イズ ア ペン

にも勝る悲しい響き。

 

 

マイ ブラッド イズ ロープレッシャー

 

 

ノーミュージック ノーライフ

 

 

並べてみたけどオシャレにならない。 

 

 

ぼくは改めて説明した。

 

 

ブラッドのプレッシャーがローなため献血できなかった事を。

 

 

ぼくは彼らの苦笑いを死ぬまで忘れないだろう。

 

 

きっとまた、ここでもこう思われたに違いない。

 

 

 

 

困ったジャパニーズだぜ!!

 

 

 

ぼくのカンボジア一人旅は続く。