あした空を見る

笑いと勇気を追求する、ネット芸人アシダによる全突っ張りブログ。日々面白ネタを探し回って奔走中。

カンボジア奮闘記 ~書の章~

f:id:ashida0108:20180304203336j:plain

 

ぼくはカンボジアに行く前に、

カンボジア人に喜んでもらえるようなお土産はないか、と考えていました。

  

 

すると、

 

 

はっ

 

 

と、ひらめきました。

 

 

そうだ、

書道の書をプレゼントしよう。

 

 

ちょうど、ぼくの父が書道に熱中していたので、

親父に「カンボジア人にプレゼントしたいから、何枚か送ってくれ。」

とお願いしました。

 

 

すると仕事の早い親父は、すぐに書を送ってくれたのですが、

予想を超える大量の書に動揺を隠せませんでした。

 

 

「足りないならもっと送るぞ?」

という親父のメールに

 

 

「もう十分です!!」

と即答したのを覚えております。

 

 

ぼくは親父が送ってくれた書を大切に巻き、

スーツケースに詰め込んで出発したのでした。

 

 

旅の道中、日本語を勉強しているカンボジア人さん達と出会い、記念に親父がしたためた書をプレゼントしました。

 

 

するとカンボジア人さん達はとっても喜んでくれたのでした。

 

 

漢字の意味を一字一字、興味津々に聞いてくれるカンボジア人の様子を見て、

 

 

「書を持ってきてよかったな~。親父ありがとう!」と、ほっこりとしていました。

 

 

しかしある時、

事件 は起こりました。

 

 

次に出会ったカンボジア人に、

「これは日本から持ってきたプレゼントです。」

と言いながら取り出した書。

 

 

その書は、次のような感じで書かれていました。

  

 

 

 

 

f:id:ashida0108:20180304205224j:plain

 

  

 

 

よ め ね え!!

 

 

 

これでもぼくは、

日本人として33年間生きてきた。

誇りを持って生きてきた。

 

 

生きてきたが、

こればっかりは日本語として認識することができなかった。

 

 

書を持ちながら硬直するぼくは、当然、こう聞かれた。

 

 

「何て書いてあるんだい?」

 

 

・・・え、え?

 

 

ディス・・イズ・・・

 

 

ジャパニーズ・・・

 

 

ジャパニーズ・・・

 

 

ジャパニーズ・・・グレート・・・

 

 

 

ショ!!

 

 

自分でも何を言っているのか分からなかったが、

とにかくこの、ショなる紙切れがグレートであることだけは伝わったと思う。

 

 

というか申し訳ないのだが、

そもそもジャパニーズなのかどうか怪しかった。

 

 

チャイニーズだったらどうしよう。

 

 

そんな焦燥感に駆られた。

 

 

確かに、

事前に全ての書をチェックしなかったのはぼくの落ち度である。

 

 

であるが親父よ・・・

なぜゆえ息子も読めない書を送ってきたし・・・

 

 

この頃から、

大量に抱えた書の在庫をさばききれないのでは?

という一抹の不安が頭をよぎる。

 

 

そして、

各地でしつこくチップをねだってくる商売人に対し、

 

 

「チップはやれないけど、このグレートなショを授けよう。

とか言いながらチップ代わりに渡したり、

 

 

ホテルのチェックアウト時、チップと言ってはなんだが

枕元に大量の書を添えてチェックアウトするなど、

 

 

だんだんと書の扱いが雑になってきたのである。

(親父、ゴメン。。。)

 

 

 ベッドメイキングもこう思ったに違いない。

 

 

 

 

困ったジャパニーズだぜ!!

 

 

 

ぼくのカンボジア一人旅は続く。

  

 

P.S.

読めなかったあの字、

草書体というれっきとした書体でした。

 

 

下の写真は、船頭の少年に撮ってもらった写真。

f:id:ashida0108:20180305014637j:plain

  

お礼に渡したのは、もちろん  ショ。